屋形船Q&A

屋形船の利用法はこんなにたくさん!

あえて花火大会に合わせて屋形船に乗ろう!船上から見える絶景ポイント!

花火大会に合わせて屋形船に乗ろう! 屋形船の楽しみ方として、四季折々の魅力を楽しむことができます。春は桜が水上から楽しむことができますし、夜は四季を通じて夜景を楽しむこともできます。そしてこれから夏に向けては花火が一番の目玉イベントとなるでしょう。
そして、東京を代表する花火イベントとしては、隅田川の花火大会が挙げられます。この花火大会が川の上から見ることができる屋形船は、非常に魅力的な花火の観覧席です。まず花火大会と言えば、地上から見えるスポットはどこも人の混雑がすごいことがデメリットとして挙げられます。
しかし、屋形船であれば人は多くても定員があるため、身動きが取れないような混雑はまずありません。また、川の上であるため暑さもマシで、非常に快適な環境で花火鑑賞を楽しむことができます。さらに浴衣レンタルのサービスがあるのも雰囲気が出て魅力的です。
ただし、注意点としては、予約が非常に困難であることが挙げられますので、早めの予約を心がけましょう。

隅田川花火大会を屋形船から見る綺麗さ

隅田川花火大会を屋形船から見る綺麗さ 屋形船というのは、色々な楽しみ方ができるのが魅力です。例えば、隅田川花火大会を屋形船から眺めるといった楽しみ方があります。
花火大会というと、混雑している会場周辺を移動する大変さを思い浮かべる人もいるでしょうが、屋形船から花火を眺めれば、ごちゃごちゃした街中を歩き回る必要がありません。隅田川花火大会を楽しむ際には、浴衣を着ていきたいと思っている人もいるでしょうが、船内で過ごすのであれば、あるき回らない分、こういった格好で楽しみやすいと言えるでしょう。
また、屋形船から隅田川花火大会を楽しむという方法は、特別感を得られるというメリットもあります。景色というのは、眺める位置が変われば感じ方も変わるものです。ホテルに泊まる際に、同じ景色であっても、部屋の位置によって感じ方が変わるのと同じで、花火大会の様子も船内から眺めることで、特別な気分を味わえることでしょう。
特等席とも言える船からの眺めを満喫して、良い思い出を作るのも良いでしょう。

新着情報

◎2018/5/21

テーブル席のある屋形船
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

屋形船の火災対策
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

屋形船の歴史
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

カラオケ付きの屋形船
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

屋形船で食べ飲み放題コース
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「屋形船 花火」
に関連するツイート
Twitter

「不定期航路事業」とは,定期航路事業以外の船舶運航事業を言います。屋形船や遊覧船,クルーズ船,運河巡り,お花見・花火見物,通船などがあり,事業形態としては3種類あります。

Twitter高松海事事務所【船舶免許更新センター】@marine_office

返信 リツイート 昨日 22:26

屋形船や遊覧船などで旅客運送をするには【不定期航路事業の許可・届出】が必要です。 この許可・届出があれば,季節ごとこのお花見・花火見物などのイベントの他,パーティー船・散骨事業など様々な事業を展開できます。

Twitter高松海事事務所【船舶免許更新センター】@marine_office

返信 リツイート 昨日 18:26

「今度の花火のために、米軍の面々で屋形船を予約したんですよ」「へえ、いいですね。僕も乗ってみたいなぁ」「ヒュースケンが僕とデートしてくれたら、あと二人分くらい屋形船の席が空くような気がするなあ」「きっと花火、綺麗でしょうね。ぜひ楽しんできて下さいね」「わー。実にいい笑顔ですね」

返信先:@shurychara いいですよね屋形船花火とかに合わせると戦場だけど そうでないときなら普通に宴会できそうなんですよ…

琴柑さん、途中でかなり長めに、花火大会での屋形船余興バイトの面白エピソード。 噺自体は、人物設定など多少違うも、正蔵師匠十八番の「蜆売り」そのもの。 正蔵師匠20~30分でサゲまで、 琴柑さん30分で噺の途中の山場まで。 連続読みって緻密に計算して演ってるな、と感心💫 次回からいちか登場🙂 pic.twitter.com/gRNXzYEEUF

去年の夏ソングだからか「恋色花火」を聴くと屋形船思い出すんだよなぁ。。。

「今度の花火のために、米軍の面々で屋形船を予約したんですよ」「へえ、いいですね。僕も乗ってみたいなぁ」「ヒュースケンが僕とデートしてくれたら、あと二人分くらい屋形船の席が空くような気がするなあ」「きっと花火、綺麗でしょうね。ぜひ楽しんできて下さいね」「わー。実にいい笑顔ですね」

【きみラボ2】 キミと浴衣着て屋形船花火を見るツアー 2013.5.30.

【浮世絵を100倍楽しむ江戸文化】夏の楽しみといえば隅田川の納涼。川開きになると連日大量の屋形船、そして打上げ花火が上がったの。両国花火は八代吉宗が飢饉で亡くなった者の冥福を祈る水神祭を行った際、周辺の水茶屋が打上げたのがきっかけ。これが現代の隅田川花火大会に引き継がれているの。

「今度の花火のために、米軍の面々で屋形船を予約したんですよ」「へえ、いいですね。僕も乗ってみたいなぁ」「ヒュースケンが僕とデートしてくれたら、あと二人分くらい屋形船の席が空くような気がするなあ」「きっと花火、綺麗でしょうね。ぜひ楽しんできて下さいね」「わー。実にいい笑顔ですね」