屋形船Q&A

屋形船の利用法はこんなにたくさん!

屋形船の船内には厨房があるの?作りたての料理が楽しめる?

屋形船の船内には厨房があるの?作りたての料理が楽しめる? 屋形船には一般的には簡易的な厨房が船内にあります。動く料亭としてその景色も売りにしているので、その景色を見ながら美味しい料理を提供するうえでは作りたての料理が必須となります。
しかし全ての料理を調理する為の冷蔵庫やスペースが物理的に確保しにくい為、一部の料理に限って作りたてのものを提供しています。
その代表的な料理が船内で揚げるサクサクの天麩羅が挙げられます。キスやあなご、イカや海老などの魚介類の他、野菜なども絶妙のタイミングで提供されます。
この天麩羅の揚げたてにこだわる船会社は非常に多く、むしろこだわっていない屋形船はないといっても過言ではないぐらい作りたてを楽しめる料理です。
その他、新鮮なお刺身や寿司などはセントラルキッチン等で事前に用意されたものになりますが、冷たい料理については絶妙のタイミングで冷蔵庫から提供されるのでこちらも作りたてが提供されます。品数は非常に多くボリューム満点の料理が提供されます。

屋形船で食べ飲み放題できるコースの特徴

屋形船で食べ飲み放題できるコースの特徴 屋形船で宴会を楽しむことができるのはご存知でしょうか?それは普段とは違った非日常的な空間で、いつもよりも盛り上がることは間違いないでしょう。
その屋形船で宴会を行うことのメリットとして、食べ飲み放題のメニューの充実が挙げられます。値段は少し上がりますが、居酒屋のそれとは比べ物にならないくらいのクオリティーで、飲み物もビールや日本酒、焼酎など様々なメニューから選ぶことができます。
また、その他のオプションにも楽しみ方が多くあり、それもその魅力の一つだと言えます。例えば、カラオケ機材をレンタルすることもでき、みんなでワイワイ盛り上がることができます。
また、芸人やマジシャンなどを呼び、その余興を楽しむこともできるので、いつもとはまた一段と違った宴会になるでしょう。
それが桜の季節や花火の季節であればより良い雰囲気で、さらに楽しむことができるでしょう。しかし、少し値段が上がるのが一つのデメリットだと言えます。

新着情報

◎2018/5/21

テーブル席のある屋形船
の情報を更新しました。

◎2018/3/13

屋形船の火災対策
の情報を更新しました。

◎2018/1/25

屋形船の歴史
の情報を更新しました。

◎2017/11/28

カラオケ付きの屋形船
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

屋形船で食べ飲み放題コース
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「屋形船 放題」
に関連するツイート
Twitter

屋形船の料金システム初めて見た。飲み放題はめちゃめちゃ酔いそうだw pic.twitter.com/Qu8HdxxkIs

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! matomeshi.jp/articles/3626

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! matomeshi.jp/articles/3626 #スマートニュース

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! #SmartNews matomeshi.jp/articles/3626

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! matomeshi.jp/articles/3626

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! matomeshi.jp/articles/3626

Twitter nonochan729 🥟🥟いきなり🚀 ののちん🥟🥟

返信 リツイート 昨日 5:58

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! #SmartNews matomeshi.jp/articles/3626

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! matomeshi.jp/articles/3626 #スマートニュース 海鮮食べ放題に飲み放題もある、時間短いけど1500円でこれならすげーな

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! #SmartNews 上野行きたい matomeshi.jp/articles/3626

Twitter tamabouki 棚村奈美🌙🐈

返信 リツイート 5/22(火) 23:33

東京都内、気になるランチを大捜査!海鮮食べ放題ランチから屋形船まで4軒を実食! #SmartNews matomeshi.jp/articles/3626